顎手術

口腔内の環境というのは、思っている以上に人間の健康と関わりを持っています。舌の位置が良くないと、歯並びにもマイナスな影響を与えてしまいます。口腔内においても、多くの部分をしめているのが舌であり、舌の位置が悪くなると、それに比例して歯並びも悪くなります。筋肉の塊でもあるのが、口の中に存在する舌のパーツです。そんな舌は、位置とか動きによって口腔内へ大きな影響を与えている存在なのです。
舌のある位置が低くて、歯の裏側にある状態だと、そのうちに受け口になってしまいます。口腔内において舌のポジションが低いままだと、舌の前歯や下顎だけが成長をすることになります。そんな成長をしてしまうために、前歯の部分は受け口になります。上顎に下がついていないと、上顎をしっかり広げることができません。結果的に何が起こるかというと、出っ歯になっていきます。狭くなってしまった顎の中では、前歯がやけに飛び出すことになり、見た目の悪い出っ歯になってしまうのです。
舌の位置というのは重要で、早い時期に治療をしておかないと、見た目の悪さにも影響してしまうのです。治療は歯科矯正で歯を正すのも、口元の治療としてはありますが、問題は舌にあります。舌を正しいポジションに戻すように、トレーニングをする必要はあるでしょう。人間のボディを魅力的に維持するために筋トレをするように、舌にも筋トレをしてみることです。ムーシールドなどの歯科矯正装置を用いた方法もあります。
既に受け口や出っ歯になってしまったら、美容手術でのセットバック法で対処できます。メスを使うといっても、手術は全身麻酔ですから、痛みを感じることなく深く眠っている間に出っ歯は治療が終わっています。毎日鏡を見て、もう出っ歯や受け口でため息をつく必要もなくなります。外科手術は、口元の悩みを短期間で解消するためにも、大きく役に立つ素晴らしい手段でもあります。鏡を見て、今度は笑顔になる毎日が待っています。

###

受け口とは顎の骨の変形や突出、発育不良などや下歯列が突出してしまうことにより起きてしまう状態です。
横から見ると下顎部分が突き出しており、顔の輪郭が歪んでしまっています。
美観という意味でも溜息をつきたい状態ですが、この受け口は溜息だけではまず済みません。
見た目は仕方がないと諦めてしまうような問題でもないのです。
受け口だとほとんどの場合、問題はそれだけに収まりません。
なぜなら、受け口が健康面に大きな悪影響をもたらすからです。
その悪影響は多岐に及びます。
顎の骨の変形や突出、発育不良が原因なわけですから当然噛み合わせにも問題が出ているでしょう。
噛み合わせが悪いと食べ物をきちんと噛めません。
食べ物が大きいまま胃まで行って負担をかけ疾患に繋がることがありますし、喉を詰まらせてしまうこともあります。
また、口がきちんと閉じないことにより唾液の分泌に異常が出て口腔内の殺菌作用や栄養分解作用が落ちます。
唾液の分泌が少ないとやはり嚥下にも影響が出ますのでこれも喉を詰まらせる原因になります。
噛み合わせが悪い部分がすり減ってしまうことにより神経が露出して痛みを覚えたり、歯が割れてしまうことがあります。
噛み合わせ部分だけでなく、噛み合わせが乱れている部分を庇ってしまい他の歯が割れてしまうケースもあります。
その噛み合わせの無理がたたり顔の筋肉を傷めたり凝固を引き起こした末に顎の問題が更に深刻化してしまうこともあります。
矯正しない限り問題が問題を呼び深刻化する一方なのです。
美観だけの問題ではなくそういった健康面でも大問題があるのだと考えてください。
状況を改善する方法は一つです。
原因部分を治療するのです。
美容手術の一手法であるセットバック法はこうした問題全てを改善することが可能です。
原因の根本は顎ですので、まずはこの部分を矯正しなければなりません。
セットバック法では外科的な手法と異なり骨を動かすのではなく顎の骨を削ることにより口や顎を含めた顔全般の問題を解決します。顎や歯並びを治療し問題の根本を潰せば美観と健康、全ての問題があっさりと解決することになります。

###

「セットバック法」とは口元を美しくするために行う美容手術で「上あご又は下あごの分節骨切り術(Anterior Segmental Osteotomy)」とも言います。この美容手術は通常、上下両側の4番目の歯の第1小臼歯を抜歯します。歯を抜いた後に根元の骨を取り除き、空いたスペースに前に突き出ている前の歯を歯茎の骨ごと押し下げて行くという方法です。この手術は歯列矯正だけではどうしても改善出来ない人や出っ歯の気になる人に行います。
このセットバック法は骨を切って後方に移動させたり、上下のバランスを考慮して上下一緒に手術を行う場合もあるので、高度な技術や歯科の広い知識を持っている、経験豊かな専門の医師の元で入念なカウンセリングを行い、手術することが大変重要になります。
セットバック法の手術時間はおおよそ3時間30分ほどかかり、全身麻酔が必要になります。ですが、回復までにかかる期間はだいたい2週間位で、術後は歯科治療も必要になって来ます。入院はする必要がなく日帰りで行うことが可能ですが、病院によっては近隣のホテルを手配してくれるところもあります。
この手術を行うと、鼻・唇・顎を結ぶ「Eライン(Venus line)」が整い、バランスの整ったとても美しい口元になります。骨格の手術の中では比較的腫れが目立ちにくい手術で、早い段階から効果を実感しやすく人気のある方法です。
通常の歯列矯正の場合は2~3年もかかりますが、セットバック法であれば短時間の手術で改善出来るのです。あごが前に出すぎたりしていると、しゃべりにくくなったりもします。この手術を行うことで口元が美しくなるだけでなく、かみ合わせの改善なども行うことが可能です。外科矯正の手術は場合によっては健康保険が使用出来る場合もあるのですが、保険内の治療となるため、治療中の見た目や治療期間の長さに躊躇してしまう人も多いのが現状です。
手術は自由診療だとしても、治療期間をとても短縮することが出来ますし、歯列矯正のように長い間、何度も歯科医院に通院したり、矯正器具を長期間装着し続ける煩わしさも無くて済む方法と言えます。

###

歯並びの悩みは見た目を意識し始める思春期には、かなり大きな悩みとなってきますし、大人になればビジネス評価にも関係するくらい、実はデリケートで現実的な問題でもあります。虫歯が原因であったり、子供の頃のくせが口元にマイナスとなって出てきてるケースもあります。マイナスの習慣によって、口元や顔の印象さえ変わることはあります。かみ合わせの高さだとか、歯の形状も、鼻すじや目元も変わってきてしまうことさえあります。
前歯とか受け口などの見た目の悪さは、早めに治療をしてリセットしてしまうことです。最も短期間で効率的に治す手段として、メスを使うセットバック法もこころ強い味方となります。美容手術ということもあって、費用は虫歯治療をするような定額とは言えません。しかし審美というのは、基本的にお安いものではないです。見た目の良さを目的とした、歯列矯正のお値段もかなり高いものですが、それをやっている人は実にたくさんいます。
歯の悩みを審美歯科や美容系クリニックで対処していくなら、対応できる資金繰りも考えないといけません。そんな時に使うことが出来るのが、デンタルローンになります。よく美容外科クリニックなどでは、支払いに医療ローンを利用するケースがあります。それは美容外科手術が自由診療であるために、普通の疾患を治すように保険適用ではないためです。それは、びっくりするくらい高い費用になるからであって、支払いのためにローンを選ぶことがあります。
ローンであれば、一回で全額を支払う必要はありませんし、最初に手術をして美容を手に入れて、ゆっくりと支払うことができます。セットバック法はその日のうちに手術が終わりますから、回復していく過程の中で、ゆっくりローンを支払えばいいのです。デンタルクリニックでデンタルローンの申込をして、審査や確認があり、無事に契約ができれば歯科の治療に入ることになります。まとまったお金を用意できなくても、デンタルローンがあれば、セットバック法の美容手術も受けることができます

口コミ 評判 2ch ブログ 失敗 モニター 料金 ←顎手術の関連ワード