受け口

受け口と呼ばれる下顎前突や反対咬合は、噛む動きや飲み込む動きに問題が生じる場合が多く、口の健康にとって好ましい状態ではないことが少なくありません。
受け口で噛む動きに問題がある場合には、食べ物をきちんと噛むことができず、胃に負担がかかり唾液の流れが悪く、虫歯や歯周病になるリスクが高くなります。
もし受け口が気になる場合には、歯が健康なうちに矯正治療することをおすすめします。虫歯や歯周病で歯が悪くなってしまうと、矯正治療することができない場合があるからです。
受け口は、下の前歯が上の前歯より前に出ている状態で、これが骨格が原因か歯の問題かを明確にする必要があります。これはレントゲンの検査で明らかになるので、一度検査を受けるとよいでしょう。
前歯の傾きだけの問題なら歯の移動だけで改善できますが、骨格の問題の場合には外科的な矯正歯科治療を行い、顎の骨を切って動かす手術を行います。
顎の骨を着る手術は口腔外科医が行いますが、しっかり噛むことができるように骨の移動量や移動方向を設定したり、歯の移動量を計画するのは矯正歯科医が行います。
骨をどこまで移動させるのか、歯をどのように移動させればよいかなどは治療前にしっかりと計画をたてて行うので、手術までには半年から1年くらいかけ、矯正装置を使って歯を移動させておきます。その後全身麻酔を行い顎の骨を切って動かす手術を行います。手術後にも少し歯を移動させてしっかりと噛むことができるように噛み合わせを調整していきます。
一般的な矯正歯科治療の場合には、口ものとの感じがかわるだけ、受け口に見える顔の印象は変化しません。一方顎の骨を切って動かす美容手術では、受け口に見える顔の印象も変わりますから、どちらがよいのか事前に理解しておくことが必要です。
受け口は成人になっても自然には治ることはなく、早めに矯正することが大切です。
外科手術を行わないと、骨格自体の変形は改善することができないので、気になる方はまずは診察を受けてみてはいかがでしょうか。

###

受け口とは下の歯が上の歯よりも上にある状態で、見た目があまりよくないのはもちろん、日常生活を送るうえでも不都合なことがいろいろあります。
たとえば企業に就職するとき、面接官は第一印象は顔から受けます。そのときにっこり、白く、きれいな歯で笑えば、そうではない場合と比べて、印象度に差がでます。
歯には誰しもコンプレックスがあり、虫歯の治療後保険治療では銀歯となり、それがいやで大きな口をあけて笑えないとか、歯ならびがぐちゃぐちゃ、らんぐい、受け口など人それぞれです。
特に受け口では見た目もさることながら、機能的にも困った問題が生まれます。
まず歯磨きがしにくいため、虫歯になりやすいことです。上下のバランスが逆なことによって、ある一定の歯だけに力が入り、歯が磨り減ったりします。
虫歯が多いと、歯を失うリスクも高まり、細菌が繁殖しやすい口腔環境だと歯周病などになりかもしれません。
さらに上下の歯がかみあっていないため、言葉を話すとき話しづらくなったり、発音できない単語がでてくるかもしれません。
無理に歯を上下させるのであごが疲れ、顎関節症になったり、頭痛、目の痛み、肩こりなどの不定愁訴に悩むことになるかもしれません。
受け口を治療するための相談は、矯正を専門にやっている歯医者さんへ行ったほうが無難です。
1年以上という長期間かかるし、矯正だと健康保険が使えないため100万以上の高額な費用がかかるかもしれません。
どうせ高額な治療費をかけるなら、きれいに治したいし、矯正になれていない歯医者さんだと失敗して期待通りの歯並びを得られないかもしれません。症例をきちんと見せてもらい、納得の治療を受けるべきです。
早く白くてきれいな歯を手に入れたいからといって、美容手術は避けたほうがいいです。歯の神経を抜いて差し歯にすると、短期間で歯並びをきれいにすることはできますが、歯の神経を抜くと歯の寿命は折れやすかったり、もろくなり短くなるからです。

###

受け口,下顎,位置,バランス。。
上顎よりも下顎が出ている受け口だと、食べ方が悪くなります。咬み合わせがうまくいかなくなるので、ちゃんと噛み砕くことができなくて、下の歯が早くダメになってしまうこともあります。
また、発音する際に息が漏れてしまうため、発音が悪くなるケースもあります。
受け口と一口に言っても、上顎が小さくて上顎の前歯が内側に入っている場合には、下顎の奥歯(小臼歯)を抜く必要がなく、前歯を広げるだけで治療出来ます。
下顎が出ている場合には、下顎の奥歯(小臼歯)を抜いて下顎の前歯を内側に引っ込めて矯正治療すれば治ります。
しかし、下顎のサイズが矯正できる範囲を超えている場合には、外科手術が必要になります。
美容手術では、下顎を切除して後ろに下げます。入院期間は3〜7日ほどで、手術後は2〜3週間腫れが続きます。口を開けることができないので、流動食になります。この点はトラブルにならないように、事前に医師と相談して確認しておきましょう。
顎そのものの変形は歯列矯正だけでは治せないので、外科手術が必要になります。この手術は保険が適用になりますが、美容目的で受ける場合には、保険が適用されないこともあります。顎に大きな問題がある人は歯並びも悪化しているケースが多いので、この場合には手術よりも先にブラケットとワイヤーを使ってある程度歯並びを整えてから手術をします。主流なのは下顎の骨切り術という方法で、作業は全て口の中で行うので、顔に傷が残る心配はありません。また、手術のときには麻酔を使うので痛みは感じません。
下顎ごと引っ込むので、横からみたときのラインも違和感がありません。下顎の位置が奥にずれるので、咬み合わせが良くなり、食べ方も自然になります。噛み切る力がしっかりすることで、咀嚼が十分にできるようになって、消化も良くなります。
下顎には体のバランスをとるための機能もあるので、歩くときに足元がしっかりしたり、腰痛などが改善することもあります。

###

受け口が原因で見た目が自分で気になったり、人から色々言われたりと辛い思いをしている人は沢山います。その様な人の治療方法には歯列矯正という方法もあるのですが、治療期間が2年~3年と長期に渡ります。また、歯列矯正だけでは治らない人も多数います。その様な場合には美容手術を行う方法もあります。
受け口の美容手術の一例として「下顎歯槽骨後退術(主に歯槽部骨(歯のすぐ下の骨)切り術)」というものがあり、この手術では、前歯から4番目の歯をそれぞ抜歯し、この歯を支えている歯槽骨を適切な後退量の幅に切り、骨を取り除きます。すると前の歯列を後退させることの出来るスペースが作られます。そしてその空いたスペース分を後方へ移動させ受け口を改善させます。この手術方法のメリットは、一つ目に相当量の移動スペースを手術中に得られること、二つ目に手術後の入院が必要なく、頑丈に固定しなくて済むこと、三つ目に食事制限も最小限で済むこと、四つ目に口の中から手術を行うので、外見上の傷あとがないことなど多くのメリットがあります。
この他にも「下顎枝矢状分割術」という方法もあり、この手術では抜歯をせずに、下あごの付け根近くの骨を切り、下顎全体を引っ込め、受け口を改善させる手術です。移動幅は人により違いますが、最大15mm程になります。
また美容外科で手術を行う際は、美容歯科、口腔外科、麻酔科など専門の医師やスタッフがいる医院で行う必要があります。なぜ、麻酔科が必要なのかというと、受け口の外科手術の場合、全身麻酔になるので麻酔科医も必要になるのです。
受け口の手術は日帰りで行うことが可能な医院もあれば、手術方法によっては数日間の入院が必要になる場合もあります。受け口の状態やその人の顔などの特徴に合わせた手術方法で行いますが、病院によって日帰りだったり、入院の必要があったりと違う部分もあります。
手術はメスを使い、全身麻酔で行いますので経験豊富で知識のある医師にお願いすることが大切です。今は美容外科も多数ありますので、自分が納得の行く説明をしっかりしてくれ、安心して手術をお願い出来るような医院で手術しましょう。きちんと医師の説明を聞き、もし納得が行かなければ他の医院で相談してみるのも良いでしょう。

口コミ 評判 2ch ブログ 失敗 モニター 料金 ←受け口の関連ワード