顎の矯正~セットバック


誰もが大なり小なり、顔に関するコンプレックスは抱えています。フェイスラインを見たときに、下顎がやけに前に突き出ているとか、しゃくれが親受け口なども、見た目の悪さに悩む要因になるものです。かみ合わせが非常に良くない場合には、外科手術での、下顎骨体移動術も視野に入れるとよいでしょう。外科矯正は不安と感じるのも無理はありませんが、セットバック法は今までの矯正治療というスタンダードの領域を超える満足度の仕上がりです。
歯のお悩みは普通の歯医者さんに行くのが、誰しもスタンダードな流れです。それは歯の疾患を治療するのが目的ですし、なんといっても保険適用ですから、3割負担で歯科治療をすることができますから、歯のことは普通の歯医者さんに行きます。しかしそこに、美容という問題が大きく関わってきたとしたら、それは普通の歯医者さんでは対応ができない領域になってきます。下顎骨体移動術などは、専門医の領域になりますし、高い技術を求められます。
普通の保険適用の歯医者さんではないということになりますから、美容系の審美歯科に行きます。昔とは違って、美容外科クリニックなどは、かなり敷居が低くなってきました。セットバック法はメスを使った美容手術になりますから。外科手術も得意な歯科医が、責任を持って対応することになります。外科手術は最初こそマックスレベルで緊張するかもしれませんが、カウンセリングをしていくと信頼が蓄積されていきますから、徐々に安心感が出てきます。
下あごの一で言うと4番目の歯を抜去することでたスペースをつくり、後方へと移動させるのが、下顎骨体移動術外科矯正方法になります。これは奥歯が正常に噛んでいるという、噛み合わせをみたとき反対の場合にする手段でもあります。普通の歯医者さんではできなくても、外科手術を得意とする専門の歯科医のもとであれば、何も心配することなく、セットバック法での手術を受けて、口元を美しくすることができます。

###

顎変形症に適応できる下顎枝矢状分割術は、顎矯正手術のカテゴリーでは代表的な術式のひとつです。輪郭の美容整形は、口元の悩みを持つ人にとって見れば、救世主的な治療方法です。開咬症や下顎左右非対称、下顎前突症や下顎後退症などのお悩みを抱える人にとっても、下顎枝矢状分割法での美容手術はそれほど珍しい解消方法ではなく、むしろ最もポピュラーです。手術によって後方移動にするにしても、抜歯はしないために、歯数を減じることもないのは利点です。
下顎枝矢状分割術を実際に行う場合ですが、選ぶ医療機関によっても入院かどうかは対応が異なります。手術は局部麻酔ではなく、全身麻酔をして行われるのが基本です。麻酔が抜けきるまでにはある程度の時間がかかりますから、通常のタイプならば1泊程度の入院をするケースが多いです。入院手術がほとんどですが、日帰りというスタイルを取っているクリニックなどでも、近隣の宿泊施設を紹介するなどの配慮をしてくれることもあります。
上顎や下顎の分節骨切り術のセットバック法は、普通の歯医者さんではあまり耳馴染みはないにしても、美容外科での口元の矯正ではよく行われている手術の一つです。メスを使うことに抵抗を感じるのは、普通の歯医者さん歯科利用経験のない人であれば当然のことです。最初こそドキドキしても、実績を積んだプロフェッショナルの歯科医との出会いで、心の不安は吹き飛んでいくことになります。話をしていくうちに、セットバック法の素晴らしさを感じるでしょう。
セットバック法の手術をする前には、手術を依頼する歯科医の、これまでの症例写真などを参考にしても良いでしょう。モニターで手術をして目隠し写真で画像があるというクリニックは結構あります。顔はわかりませんが、口元の仕上がりはしっかり分かりますから、症例写真は見ておくと安心感にもつながりやすくなります。顔の腫れが少ないことも、症例写真を見るとわかりやすいです。

###

他人と話している時には口元を見られることも多いので、上の歯が前に出過ぎていたり、逆に下の歯の方が出ている受け口だったりすると、どうしてもその視線が気になってしまうものです。このような状態はただ歯並びだけの問題ではなく、上顎や下顎の骨の大きさや位置、形などの異常によって生じる場合もあり、それらを顎変形症と呼んでいます。この症状は下顎がしゃくれていたり、顔に歪みが生じるといったように、ただ見た目を悪くしてしまうだけではありません。噛み合わせが悪いので食べ物をきちんと噛めなかったり、発音が悪くて言っていることが分かりにくかったりなどの問題も生じるので、できれば早めに何らかの改善策を講じることが、肉体的にも精神的にも健康であるために肝心であると言えるでしょう。
しかし顎の骨自体に問題があると言うことは、歯に矯正を施すだけでは根本的な改善にはならないという問題があります。そこで
顎変形症の改善方法として大きな効果を持つものとして注目されているのが、セットバック法という美容手術です。セットバック法は分節骨切り法とも呼ばれ、顎の骨を一部切除して、その分後ろに顎を移動させるというものです。基本的には出っ歯が気になる人は上顎に、受け口が気になる人は下顎にこれを施すことになりますが、上下の顎のバランスを整えるために上下共に施す場合もあります。このセットバック法は全ての手順を口の中から行うために、外部から見てわかるような傷跡が残ることはありません。そして手術の後は歯並びだけでなく口元全体のバランスが良くなるので、見た目がとても良くなるという大きなメリットがあります。
このセットバック法を受ける前や受けた後には歯並びの矯正を行うことが多いため、外科手術の知識だけではなく、歯列矯正に関する知識も求められるます。そのため知識と経験が豊富な、信頼できる病院で受けることが肝心です。セットバック法と共に歯列矯正を行うとなると、治療が完了するまでには年単位の時間がかかりますが、その分後の人生を快適に過ごせるようになります。

###

受け口や出っ歯の悩みは普通の歯科医院ではなく、美容専門歯科などで、口元の美容を専門とする歯科医に、診査診断してもらいましょう。いつも行く歯医者さんは、虫歯などの治療でもお世話になったりして助かる存在ですが、美容を視野に入れた治療をしていくとなると、今度は美容の世界を得意とする歯科医に相談をするのがセオリーです。美容系専門の歯科医になると、美容手術も得意ですから、セットバック法での手術もお手の物です。
もしも歯並びだけを、時間はかかっていいから治したい希望があるならば、審美歯科での歯列矯正も手段として選択があります。歯列矯正であれば、外科手術ではないからそんなん費用がかからないだろう、と安易に思っているとしたら、それは違うのです。外科手術ではないですが、費用はかなり掛かります。昔は銀色のワイヤーが一般的でしたし、それ以外の方法はあまりなかったことから、費用は抑えられた時代もあります。
今では矯正治療も方法がいくつもあって、費用の幅はかなり広がりました。お値段はかるく100万を越えるケースもありますから、口元の外科手術を高いとは言えないレベルです。しかも開始したら何年も口の中にワイヤーを入れるのですから、かなり気になりますし、違和感との戦いでもあります。神経質なタイプであれば、そんなストレスに、2年も3年もかかるのですから、ストレスフリーどころかストレスマックスでしょう。
そんなストレス社会に余計ストレスをかける方法ではなく、短期間で悩み解消できるのが、セットバック法のメスを使った美容手術の手段です。長い歯列矯正とは異なり、手術の当日を迎えて麻酔を流し始めれば、あっという間に深い眠りに落ちていき、ぐっすりと眠ってしまいます。その間にその道のプロフェッショナルである視界が、気になっていた口元のセットバック法での手術を終わらせます。手術が終わった数時間後には、すでに今までの口元とはおさらばしているわけです

口コミ 評判 2ch ブログ 失敗 モニター 料金 ←顎の矯正~セットバックの関連ワード