しゃくれ顎~手術治療の問題点


顎や口許に問題を抱えていると髪型に悩みますね。
前髪も自分のしたい髪型ではなく顎や口の問題をフォローできるものを選びがちです。
前髪で顎や口のトラブルをフォローしたい場合は、横の髪と馴染むように長めにカットしてもらって分ける形などは眉あたりでカットしてもらうより他者の目線が向き難くなります。
ですが、やはり顎や口のトラブルを気にせず自分の好きな髪型にしてみたいですよね。
きちんとしゃくれを治療すれば前髪で悩む必要もなくなります。
しゃくれとは、顎の骨の変形や発育不良、歯列の乱れにより下唇付近がむっと突き出してしまっている状態です。
「顎変形症」という病名のついた病気でもあります。ガンや胃潰瘍などと同列に語られ治療すべきものなのです。
しゃくれは見た目の問題もありますし、もちろん髪型で悩むという問題もあります。
しかし、同時に健康問題もあるのです。
しゃくれだと噛み合わせに不具合が出ますので、自分ではきちんとできているつもりでも咀嚼ができておらず食べ物が大きいまま胃に送られてしまうことによって胃の疾患を引き起こします。また、口や顎が歪んでいることにより顔の他部位が庇おうとして負担がかかり更なる歪みを引き起こします。また、筋肉の凝固や頭痛、肩こりなどの原因にもなります。
見た目や髪型だけの問題だけでなく、もっと深刻な問題を呼ぶのです。
放置せずきちんと治療することが大切です。
しゃくれを治療するには外科手術矯正と美容手術矯正の二つの方法があります。
外科手術矯正は歯を抜いたり顎の骨を切断したりして空いたスペースに顎や歯列を動かすことによって治療を行います。
動かすわけですからどうしても痛みや違和感がありますし、術後に傷が残ることもあります。また、入院を必要とします。
ですが、外科手術での治療は保険を使うことができます。
対し美容手術矯正では基本的に保険は適用外です。
美容手術では顎の骨を削り顎や口許を中心に顔全般を調整する形で治療を行います。
痛みはなく日帰りでの施術が可能です。
どちらの治療法を選ぶかは中身や予算と相談ですが、どちらもとても効果的な方法です。
施術後には前髪をどうするかで悩む必要がなくなっているでしょう。

###

【しゃくれ】という言葉を聞いたことはあるでしょう。
正式名称は、下顎前突症といいます。また、気持ちの中で顎の【しゃくれ】はもう治らないと考えていませんか。そのような間違った考え方をされておられる方も少なくないはずです。
遺伝性のものだから治らないとか、美容手術しか方法がないとか思っていないでしょうか。しかし、実は原因や今の状態を自分自身で改善できるものもあるのです。また、美容整形ではなく歯科の治療で矯正できることもあるのです。
例えば、片方の奥歯だけで咬む習慣はありませんか?知らぬ間に得意な側だけで咬む癖や習慣はあるものです。できるかぎり意識して両方の奥歯で食べ物を咬む習慣をつくりましょう。また頬杖をついていませんか?これも【しゃくれ】を悪化させる要因です。また就寝時の寝方で横臥位や腹臥位は顎の骨に歪みを生じさせますし、負担となります。できるかぎり仰臥位で寝る癖をつけましょう。
また手術による方法もあります。顎変形症の治療には【顎の位置のずれ】を治すレベルから【下顎の骨を切除する】レベルまでさまざまです。
また人種別でみると日本人の顔型よりもホリの深い外国人の方が顎の【しゃくれ】が似合う方が多いようです。しかし逆に注目される部分であるため、コンプレックスに感じておられる方も少なくないでしょう。
【しゃくれ】のような顎の変形症は保険診療で治すことが可能です。本来の【しゃくれ】を含む顎変形の治療は長期で矯正していくことを考え、その後入院し手術を施行することになります。手術の後には咬みあわせを整える術後矯正を施していくようです。
美容手術では外見の改善はでき、費用も100万円程度かかります。その部分を口腔外科手術にされる場合、健康保険や高額医療制度を使うことで10万円以下となっています。この差額は大きいと感じませんか?もう無理とあきらめていませんか?
今の時代、口コミやネットから得られる情報は非常に参考になります。今の自分にあった情報をうまく収集し、活用したいものです。

###

顔に関する色々な悩みを持っているという人はとてもたくさんいるでしょうが、中でもしゃくれや顎なしといった顎に関する問題は、メイクなどの工夫ではなかなか解消できないために大きな悩みとなります。
しゃくれは下顎が前に出ている状態で、遺伝や成長期における生活習慣上の癖など、色々な原因から起こります。しゃくれが生じていると、顎がよく目立つために外見的なコンプレックスを持ってしまうというだけではなく、食べ物を上手に噛み砕くことが難しかったり、発音が悪いので言いたいことをきちんと言えなくなってしまうなどの問題が起こり得ます。
一方顎なしは下顎が小さい状態のことで、遺伝や柔らかい物ばかりを食べる食生活などが原因とされています。この症状もまた外見的なコンプレックスの元になると共に、夜に呼吸が苦しくていびきをかき、睡眠を阻害してしまうなどの健康上の問題があります。
ではこれらの顎に関する問題には、どのような改善方法があるのでしょうか。
歯並びに問題があって症状が生じている場合であれば、歯列矯正により改善を図るという方法があります。また筋肉が固くなってしゃくれが生じている場合や、過度の脂肪が付いたりたるみが生じて顎なしになっている場合であれば、マッサージによって解消することも可能でしょう。
しかし骨自体の大きさや形に問題がある場合であれば、それらの方法では根本的な改善を期待することは難しいものです。この場合は美容手術を受けることが、最も効果的な改善方法となります。
しゃくれの場合には、口の中から下顎の骨を部分的に切り取って、下顎全体を後方に移動させるという手術が主流です。この方法だと傷跡が残ることなく、下顎の大きさや形をバランス良く整えることが可能なので人気があります。また顎なしの場合であれば、下顎の骨を切って前に伸ばす手術や、シリコンプロテーゼを入れる手術が施されます。
これらの手術の前後には歯並びを整えるために歯列矯正を行うこともあり、そうなると全てが終わるまでの時間は長くなりますが、大きなコンプレックスを解消でき、さらに健康的な生活が送れるようになるので、それだけの価値は十分にあると言えるでしょう。

###

しゃくれは顎の骨の変形や発育不良、歯列の歪みによって起こります。
鏡を見て口許が曲がっているとそれだけで気が滅入りますし何とか治療できないものかと考えるでしょう。
軽度であれば我慢してしまうこともあるでしょうし、鏡でじっくり見ないとしゃくれ自体に気づかないこともあるかもしれません。
大丈夫だとも考えてしまうでしょう。
しかし、しゃくれは見た目の問題であると同時に健康問題でもあるのです。
軽度であれ重度であれ急ぎの治療が望ましく、放置したら病気に繋がります。
放置せずに矯正することが大切です。
しゃくれと病気がなかなか繋がらないという方もいらっしゃるでしょう。
確かにしゃくれが直接ガンを起こすということはありません。
ですが、色々な病気や不調の原因にはなるのです。
例えば、しゃくれですと噛み合わせが悪いことが多く、噛み合わせが悪いと食べ物を細かく噛み砕くことができません。
そうすると胃に食べ物が大きいまま運ばれてしまうのでダメージを受けます。ダメージが続くと胃ガンのリスクも高まりますね。
また、噛み合わせが悪いと噛み合う部分の摩耗により歯が割れたり神経が露出したりします。
この場合、痛いということも確かですが、放置すると今度は他の歯がバランスを取るためにダメージを受けて同じ結果になります。
唾液などにも影響が出ますので口腔内のガンにも繋がります。
このようにしゃくれは放置すると多くの病気や不調を引き起こすのです。
至急対処する必要があります。
しゃくれを治療するには美容手術が有効です。
外科手術でも治療は可能ですが、外科手術の場合は抜歯や骨の切断という形で治療することになります。
抜歯や切断に抵抗のある方もいらっしゃるでしょう。また、こうした手法は痛みがありますし、傷跡が残ることがあるのです。
入院も必要になりますし、抜歯や切断の場合はすぐに固まるわけではないので定期的なケアも必要になります。
対し美容手術は顎の骨をごく僅か削り問題箇所を中心に顔全体を調整する形になります。
痛みもありませんし日帰りでの施術が可能です。
確実に効果がありますので、美容手術をお勧めいたします

口コミ 評判 2ch ブログ 失敗 モニター 料金 ←しゃくれ顎~手術治療の問題点の関連ワード