エラ削り 韓国と日本 術法の違い

エラ削りを韓国でやるか日本でやるか悩んでいるのですが、いろいろ調べているうちに韓国と日本では術法に違いがあることが判明。

韓国の美容外科では現地に行く前に写真を送って写真カウンセリングみたいなものをしてもらえるんです。
自分の写真を送ってこういう顔になりたいという要望を伝えると、おすすめの手術やかかる費用を教えてくれるんです。
わざわざ韓国行かなくていいからとっても便利。
その際のやり取りで、韓国ではエラ削りなどの骨切りでも日本とは違う様々な術法があることが分かりました。。
日本では顎やエラを小さくさせる場合、エラならエラ削り。
顎なら顎削り、中抜き、セットバックくらいですよね。
韓国ではこれに加え両顎手術というものがあるらしいです。
両顎手術ってセットバックのことだと思っていましたが少し違うみたい。
両顎手術は顎全体を後退させると同時に上方向へ引き上げるという骨切り術だそうです。それにより、顔の下半分を後ろに下げ、中顔面を短縮することが出来、更に顔を自然に立体的にするという優れもの。
しかもこれが70万くらいの格安でやれるというから驚きです。
すっかり韓国での整形に心が傾いている私。
だって両顎手術って私にぴったりなんですもん。

△上記文章はユーザーの投稿です