下顎+オトガイ形成術 回復が早い

下顎+オトガイ形成術を終えて、自宅に帰ってきました。

3週間の入院を終えてみて、一番大変だったのは、私にとっては、鼻チューブでした。
手術した日の夜は、ICUにいましたが、鼻チューブでかなり苦しかったです。鼻チューブの装着感には、個人差があるだろうし、恐怖を煽るつもりは決して私にはありませんが。でも、みなさんも鼻チューブの装着感には耐えれますよ、きっと!手術は自分自身が決断することですから、耐えられるはずです。

8日目で鼻チューブを外されたんですが、その瞬間から信じられないくらい急に元気になりました(笑)。鼻チューブを外されからは元気が余り、暇で暇で仕方がなく、病院内を必要以上にうろついたり外に出て病院敷地内を散歩したりして、一体どこが入院患者なのっていうくらいでした。

顎間固定をされてても、お見舞いで訪れた友人が驚くほど喋ることができるし、何1つ不自由はなかったです!つらい1週間の入院生活も長~い人生からすれば、たったの1週間ですからね。それも、日に日に体調が良好になっていくのが分かるし、入院を終えてみると、もうすっかり昔のことのように感じます。

病院の先生、看護士さん、矯正の先生、家族、友人。多くの人に良くしてもらって、様々な意味で良い経験をしたと思ってます。結果については、大満足です。下顎+オトガイ形成術をして良かったです。退院したばかりですが、固い物を食べることができない以外は、入院前と全く変わりなく、普通に元気で過ごせています!

△上記文章はユーザーの投稿です