オトガイ形成術の失敗&後遺症についての体験談

オトガイ形成術はリスクの高い手術であることは、かなり知られています。

実際にオトガイ形成術をしたことで、そうしたリスクに直面してしまった人たちの体験談を要約し、列挙します。

「私は、オトガイ形成術をして以降、下口唇が絶えず下方に引っ張られる感覚があり、口元に力を入れないと、口を閉じることができなくなりました」

「私も口を自然に閉じることができず、下に引っ張られてる感覚が常にあるのでストレスです。オトガイ形成術をしてから数年が経ちましたが、修正手術を決断し、現在いろんな病院を回っています」

「オトガイ筋が通常の顎の位置で固定されなくて、おそらく何らかの理由で顎下周辺に癒着や付着してしまって、現在口が閉じにくくなってるんだと思われる」

「骨切りだと、そういう麻痺は頻繁に起きると形成外科の先生が言ってた」

「口を自然に閉じることができないのは、マジ苦痛以外の何物でもないよね…」

「私もオトガイ形成術をした後に口が閉じにくくなり、かなりのストレスだったし、悩んでばっかりだったから、その心境、とても分かるよ」

「私は骨切りをしたから、これからいうことは、あまり参考になるかはわからないけど、形成外科医に修正手術をしてもらいました。顎下に癒着したオトガイ筋を一度剥がして、通常の顎の位置まで持ち上げて、筋固定という手術をしたんだけど、修正手術後は、自然に口を閉じることができるようになったし、下の方に引っ張られるような感覚もなくなった」

「顎下の凹凹したくぼみも消えて、顎下にあった皮膚の緩みも、上に引っ張り上げたから、修正手術をする前よりも顎下がスッキリ!」

「全く私と同じの麻痺症状だね。口を自然に閉じれない。口が開いている顔は、腹話術の人形みたいになるし」

「下唇だけが開いてしまうので、口が開いていると、下の歯だけが丸見えで化け物状態。オトガイ形成術をしてかまだら2ヵ月なんだけど。形成外科病院で対応してくれるのかな。裏顎は肉が食い込んでしまい、顎先は鉛筆のごとく尖っています。我ながら恐ろしい顔になっちゃいました」

「輪郭を整形でいじると、こんなにも変な顔になるとは夢にも思わなかった」

「他の部位はそんなに尖った仕上がりになっていないんだけど、顎先だけが駒の芯のように尖ってるんですよ。異様ですよ、人の顎としてはあまりにも不自然で。私が髑髏だけになったら、駒としてクルクルと回れますよ」

「私もオトガイ形成術をした後に、口を閉じるのがしにくくなって、その上顎下が凹凹になりましたわ」

「私もSNGWでオトガイ形成術をしてからは、口を閉じれなくなり、おまけに下の歯茎が丸見えのヤバい状態になったわ」

「オトガイ形成術をしたことで、横から顔を見た時に、顎に段差のようなのができた。これって治らるのかな」

「自分は昨年、オトガイ形成術をしました。オトガイ形成術をする前は、噛み合わせさえ上手く治ればと思ってましたが、いざオトガイ形成術を終えてみると、やはり顎の長さが気になって仕方がありません。昔から顎が長い長いと、他人からからかわれてきたこともあってか、自分でも過剰?に顎に対し気になり出して、自分の写った鏡や写真を見る度に、落ち込んで絶望感に襲われる毎日です。担当医の先生やネットでは、5mm顎を短くしたとしても、実際にはあまり顎に変化がないといわれたり。現在も顎や口元に痺れがあるんですが、さらに修正手術をすれば、かなりの確率でもっと痺れが出るといわれ、修正手術をすることが決心できません。同じ悩みを持つ人にしかこの心境はわからないと思います。マジで苦しいです」

「私は下顎を奥に引っ込める手術をしましたが、私も手術前のオトガイと全く変わりがなくて、かなりのショックを受けてました。正面から見ても、横から見ても変わらないんですよ。その上、噛み合わせだけは変わっっちゃって。劇的な顔の変貌を期待していただけに、大きな苦しみとショックを味わっています。固定プレートの除去手術の時に、オトガイ形成術をするか迷っています。でも、あまり期待できそうもないですね。他人に顔を覗かれるが本当にイヤです」

△上記文章はユーザーの投稿です