エラ削り 安い 外板切除術

エラ削りが気になっています。
骨を切ったり削ったりする手術ということで万一失敗したら怖いという思いがあり、施術内容を調べてみました。
どこから見ても卵型の小さな輪郭にするためにはエラ(下顎骨)の角部だけにとどまらず、下顎体部からアゴに近い部分まで広範囲に骨切りしたほうが効果的なんだそうです。
正面顔は外板切除術で小さく、横顔は内視鏡下曲線的下顎角骨切り術で滑らかな曲線を形成し、卵型の小さい輪郭を目指すそうです。
エラ削りには口内法と口外法がありますが、口内法の場合は口の中から内視鏡を用いて行ないますので、外側に傷が残らないそうです。
口外法は目立たない顎の下から削るそうです。
傷跡がしばらくは残るけれど、骨をより大きく取り除けるそうです。

エラ削りに適する人
・小顔にしたい方
・正面顔を小さくしたい方
・角張ったフェイスラインをなめらかな曲線にしたい方
・卵型の輪郭にしたい方

私は全部当てはまります。
不安はまだありますが、十分に調べて見当を重ねてから手術に望むつもりでいます。

△上記文章はユーザーの投稿です