顎変形症の後遺症

質問:
顎変形症の後遺症についてです。
一年ほど前に美容外科で顎変形症の手術をしました。
今でも上下歯茎、唇、あごに痺れと麻痺残っています。
術後すぐはひどい痺れと麻痺で感覚がないほどだったので、それに比べればいくらかはましになったといえるのですが・・・完全に消えたとはいえません。
とくに唇の麻痺は術後と比べても一向に引く気配もないです。
通常、顎変形症の後遺症は術後3~6ヶ月で引くといいますが、一年たっても消えないものに関しては一生残ってしまうのでしょうか?
現在リリカ服用、ブロック注射の治療をしています。
でもまったく改善の兆しが見られないので治療をやめるべきか悩んでいます。
気にしすぎと思われそうですが、とくに唇に関してはしゃべっても歩いてもご飯食べてもびりびりするのでまいっています。
アフターケアは手術をうけた病院でやってもらっているのですが、病院を変えたほうがいいでしょうか?
顎変形症に詳しい方、体験者の方、他の美容整形手術でも後遺症の経験のある方、アドバイスいただけないでしょうか?

回答:
3年前、顎変形症のため、上下顎セットバック手術をしました。
1、後遺症がどの程度残ったのか→私も術後1ヶ月ほどは上下歯茎、唇にしびれをかんじていましたが、徐々にうすれ、3ヶ月もすればほとんど気にならないほどになりました。
2、後遺症の症状はどうだったか→上下歯茎、唇のしびれ。あと術後すぐは内出血で顔が黄色くなりました。
3、後遺症のアフターケアについて→とくにこれといったアフターケアはしなくても自然に治っていきました。
術後一年たっても治らないということは、手術のときに神経を痛めてしまった可能性があるんじゃないでしょうか?
いろいろ薬を服用されているようですが、効いていないならそのまま続けるのはいかがなののかと思われます。
手術したのと別の病院できちんと検査されたほうがいいと思いますよ。
適切な治療を早めにしないと本当に一生モノになってしまいます。

△上記文章はユーザー個々の投稿です