顎と歯の手術’

顔の中でも年齢を感じさせるのは、ほうれい線が目立ってくる状態です。年齢を重ねれば、肌はたるみが出てきますし、シワなども顔にあらわれやすくなります。年齢的なことも関係はしますが、実は歯の状態も肌のたるみには大きく関係します。歯列矯正や神経のない歯などによっても、口輪筋が萎むようになるとも言われています。虫歯や神経を抜いてしまった側で、歯茎が弱っているなどは要注意な状態です。歯は早めに治療をして、健康な状態を保つことです。

美しい口元を実現するメスを使う手術として、セットバック法がありますが、口元が整うだけではなく、たるみとかほうれい線へのスッキリ効果も期待ができる方法です。従来の歯科矯正ではなく、セットバック法は美容手術でもありますから、機能的な改善だけではなく、見た目の高度な美しさも考えて手術が行われることになります。歯科矯正の装置を装着した手段とは違って、手術をしたその日には自宅へ帰ることのできる、結果も早い方法になります。

美女の条件でもあるEラインを手に入れることは、イケメンの理想のラインでもあります。オトガイ部と鼻先を結ぶ線であり、このEラインがキレイにおさまっていると、男性でも女性でも美しく見えますし、横顔も素晴らしくキレイに見えるようになります。人気の高いタレントも、このEラインが整っている人が多いです。セットバック法では、美しさの理想条件の一つとも言える、Eラインにすることが可能です。

美しいEラインにするためには、出っ歯や受け口は治す必要があります。そこで美容手術であるセットバック法という術式で対処するわけです。短期間でキレイなEラインをつくりたい人には、ぴったりのナイスな方法です。加えてフェイスラインやほうれい線もスッキリすれば、さらに若々しい印象に仕上がります。手術は全身麻酔をしたり、メスを使うこともありますから、不安なことは医師に質問をして、不安な気持ちはスッキリとさせて手術にのぞむといいです。

###

重度の出っ歯は、上顎骨や下顎骨が本来あるべき位置からズレてしまっているのが原因です。歯だけの問題ではないのです。従来の方法は歯の矯正が主でした。しかしこれでは歯の位置のみを改善することしかできないうえに、治療期間も長くなります。どうしても2~3年間くらいの長期間が必要になります。

そこでこのような状態を改善するためにおこなわれる治療がセットバック法です。これは上顎骨を歯が付いたまま骨切りして後方に移動させる美容手術です。これだと治療にかかる時間が短縮できるというメリットがあるのです。

実際の手術では上下のいずれかのみの顎の骨を移動させるだけの場合もありますが、上下の顎のバランスを考えて上下両方を手術する場合もあります。セットバック法では高度な技術が必要になります。また歯列矯正などの矯正歯科の知識をもっている経験豊かな専門医でなければうまく治療ができません。

では具体的にどのような治療になるのでしょうか。顎の骨を歯が付いたまま骨切りして後方に移動させます。そして理想的な場所まで後方に移動させたら、ワイヤーまたはプレートで固定します。また手術は全身麻酔でおこなうことになりますが、入院は必要なく日帰りが可能な場合もあります。

ではリスクとしてどのようなものがあるのでしょうか。まず手術によって歯の位置がかわってしまうので口の中のスペースが変化してしまいます。そのため術後しばらくはしゃべりにくく感じることがあります。といっても長く続くわけではありません。話をできるだけ多くするようにしたほうが回復にかかる期間も短いです。また顎の骨を切るため食事に関しては、術後1~2週間くらいはやわらかいものしか食べることができません。

一番大きな問題は費用面ではないでしょうか。保険は残念ながら適用をうけることはできません。しかし長い期間をかけて歯科矯正をすることを考えると費用面の問題はどうなのでしょうか。出っ歯を治したい方、口元を引っ込めたい方、短期間で受け口を治したい方にはおすすめの方法といえます。

###

外科矯正にはいくつかの種類がありますが、その中でも画期的な口元修正の美容手術として、セットバック法があります。専門医によるメスを使う外科手術となりますが、通常の歯科矯正治療とは大きく異なります。通常は2年から3年間という長いあいだかけて行う歯列を、短時間の手術で解消してしまう手段です。その人の歯の状況を判断しながら、上顎のセットバックのみで行うか、もしくは下顎のセットバックのみで治療することもあります。

セットバック法での上顎セットバックの場合、目安としてはトータルで150万円前後を考えておくことです。ジャストなプライスが出ないのは、美容というカテゴリーの医療手術であり、自由診療は医療機関で自由な設定が可能なためです。総合的な費用で200万円近くかかることもあれば、かなり安い費用で手術ができる医療機関もあります。あくまでも外科手術ですから、余りにも安いところを値段だけで選択するのは、よく考えたほうが良いでしょう。

通常の歯科医院で行う歯列矯正の場合は、どの方法をとるかによっても費用は変わってきます。従来通りの歯科矯正も、お財布には切ない話ですが、保険適用とはなりません。お値段としては種類にもよるものの、80万円前後方120万前後といったところでしょう。メスは使わない方法で行われますから、とにかく長い時間を辛抱しての治療になることは、最初に覚悟をしておくことです。目立つ矯正装置を選択すると、日常生活の中でも見た目は気になることになります。

従来通りの方法では、初診料や相談料で5千円前後、精密検査に3万円から6万円くらいかかります。診断料に1万から4万円程度、治療空は装置や基本料金で60万から100万円、処置の調整料で1万円くらいです。その後はメンテナンス料がかかります。セットバック法では、何円もかけることなく、短い期間で手術というか龍で、理想の口元を手に入れることができますから、人気が高まっています。

###

顎のしゃくれは、医学用語では顎変形症といい、上顎や下顎のどちらかかまたは両方に骨格的な位置のずれや形状の異常がみられて、顔の形や噛み合わせに異常がある状態のことをいいます。

しゃくれは、噛み合わせや滑舌にも影響を与え、改善すうことができれば日常生活にもよい変化を生むことができます。治療は、歯科医院での矯正治療や、外科的な矯正手術が必要になるので、まずは歯科医院で診察してもらうとよいでしょう。

下の歯が上の歯よりも前にでていて噛み合わせが悪くなっている場合には、受け口と呼ばれ歯列矯正で治療することが可能です。顎の骨を動かすことはできませんが、歯にワイヤーをつけることで正常な噛み合わせに戻すことができ、顎が出ている印象を改善することができます。歯の矯正では治せないような場合は、外科的な美容手術が必要になり、下顎の骨を切り取って動かす手術が行われます。手術は口の中で行うので、傷跡が目立つことはないので安心です。全身麻酔をして口の中を切開し、顎の骨を切り取って数ミリ~1センチ程移動させます。入院期間は約2週間前後で、通常通り食事がとれるようになるまでには1ヶ月程かかります。

骨が原因のしゃくれの場合、遺伝が関係することがあるので、親がしゃくれている場合には子供も将来的にしゃくれてしまう可能性はあります。ただ癖や習慣などの後天的な要因でしゃくれることもあり、下顎の骨が成長のピークを迎える思春期前後よりも前に適切な対処を行った場合には、しゃくれを防ぐことが可能です。

生活習慣を見直したり、顎の筋肉をほぐすことでも改善することはできますが、本格的に顎の治療を望む場合には、外科的な手術を行うことが一番効果的です。

しゃくれを治すことは、見た目や滑舌、噛み合わせを改善するだけでなく、長年のコンプレックスから解放され自分に自信を持つこともできるので、気になる方は一度医療機関を受診することをおすすめします

△上記文章はユーザーの投稿です