顎手術’

顎がしゃくれていることが悩みという人は、その悩みを解決する方法があります。

それは美容手術です。この手術をすると、下顎が出ているという状態を治すことが出来ます。

しかしなぜ下顎が出てしまったのでしょうか。原因として考えられるものが、遺伝による先天性のものか成長過程で下顎が出てきてしまった後天性のものの2つです。

美容手術で治すことができるのは、後者の成長過程に原因がある場合です。

先天性の場合は、別の治療法のほうが良いと思われます。

また美容手術をする際も、歯のかみ合わせ次第で手順が変わってきます。

歯の噛み合わせが良いのに顎が前に出てしまっている場合は、顎の骨に問題がある場合がほとんどです。

そういう時は突き出している顎の骨を削ったり、中間部分の骨を切って後ろに移動することによってしゃくれている状態を解消することが出来るのです。

一方、噛み合わせが悪くて顎が突き出してしまっている場合は、噛み合わせを治すことから始めましょう。

これらは歯科矯正や外科手術で対応することができます。

この場合、もしかしたら噛み合わせを矯正することでしゃくれている状態が改善され、美容手術をしなくても治ってしまうかもしれません。

まずは噛み合わせの状態から見直してみましょう。

美容手術は、骨を削ったりすることで輪郭を治すので、ほんの少しの変化ですら大きく感じる事が多いです。

また、仕上がりも良いので評判が良いのも安心できます。

手術するのが怖いと感じる人はきっといると思いますが、美容手術の場合は名医に任せれば何も心配する事はありません。

反対に名医でなければ失敗してしまう可能性もあり得るので、名医を見つける事が重要となってくるでしょう。

名医の場合では、輪郭手術の際は必ずレントゲンを撮ります。

そしてその画像を数値化し、患者さんの輪郭が平均値とどの位離れているのかとか、どうすれば理想の輪郭に近づけるかなど細かく分析してくれます。

このように綿密に手術までの手順を踏んでくれる医者は、名医であると思われます。

しっかりと名医だとわかった上で、しゃくれ改善のために手術を行いましょう。

###

しゃくれの原因には先天性のものと後天性のものがあります。

先天性のものは顎の骨自体の異常であり、後天性のものは顎の骨の突出や骨同士を繋ぐ関節が発育の途中で歪んしまい結果として骨も歪んでしまったことにより起きてしまうものの二パターンの原因があります。

また、ほとんどは顎の骨自体に原因があるのですが、中には骨ではなく筋肉に原因がある場合もあります。

しかし、これらの原因は私達が判断することは難しいため専門医にきちんと何が原因なのかを診察してもらう必要があります。

しゃくれの場合、多くは噛み合わせにも影響が出ます。

噛み合わせがおかしいと肩や頭、首に負担がかかってしまい頭痛や肩こりの原因にもなります。

また、噛み合わせに問題が発生していることにより咀嚼がきちんとできておらず食べ物が大きいまま胃に送られてしまい不調を引き起こす原因にもなります。

美観の面から考えても健康の面から考えてもきちんと早めに治療したいものです。

しゃくれの治療には大きく分けて二つの種類があります。

一つは外科手術矯正でもう一つは美容手術矯正です。

外科手術矯正は顎の骨の根元を切断したり歯を抜いたりすることによってスペースを作り、そのスペースを利用して歯列や顎を動かしてしゃくれを治療する方法です。

主に骨を移動させる方法ではありますが筋肉が原因のしゃくれはつまり何らかの口許のトラブルが筋肉に障っているということでもあるので骨が原因でも筋肉が原因でも使えますし効果があります。

ただし外科的な治療の場合は切った痕が残ることと、顎や歯を動かした後に暫く鈍痛があります。

また、最低でも三日から十日、場合によってはそれ以上の入院を必要とします。

もう一つの方法は美容手術矯正です。

こちらは顎の骨を僅かに削ることによって顎と歯に起きているトラブルを解消する方法です。

メインは顎と歯ですが顔全体の専門医が調整するため骨と筋肉どちらがしゃくれの原因になっている場合にも効果があります。

顎の骨が問題だった場合は削ることによりダイレクトに修正しますし、筋肉が原因の場合でも顔全体の調整により強張りや負担がとれますのですっきりと解消されます。

こちらの方法は痛みはなく、入院も必要ありません。

また、切った痕も残らないのでお勧めです。

###

アゴがしゃくれている状態を矯正する為のグッズがあります。

例えば顔に特殊なベルトを装着して締め付けることによって徐々に矯正していくというものです。

しかしながらこのようなグッズでアゴを矯正するのは困難であり、下手に顔を締め付けてしまうと却って不具合を生じさせてしまうような恐れがあります。

しゃくれを自力で改善するのは非常に難易度が高い方法と言えますが、もっと簡単に治す方法もあるのです。

それは美容手術を受けることであり、メスを入れる手術なら確実に改善させることができますし、しかも短期間で治療することができる為、長年の悩みも手術をするだけでスッキリ解消できる可能性があります。

ただ、美容手術に抵抗を感じる方も少なくありませんし、ましてやメスを入れる手術となると一大決心が必要になるものです。

しかしながらアゴを矯正する為の手術は広く行われていますし、比較的ポピュラーな美容手術となっていますので、それほど心配をする必要もないとも言えます。

美容手術を行う際には顔にできる傷を心配される方も多いようですが、手術は外からメスを入れるのではなく、口内からメスを入れます。

その為、顔の表面に傷ができるような事もありません。

ただし手術方法次第ではエラに若干傷ができる可能性もあるのですが、しかし通常は時間が経つことによって目立たなくなりますので、手術跡が気になってしまうようなことも少ないと言えます。

手術と言えば失敗についても不安になると思われますが、症例数が多く、技術に長けている美容外科を利用すれば失敗する可能性はかなり低くすることができます。

しかしながら多少なりともリスクがある手術ではありますので、安易に考え過ぎるのも良くありませんし、手術を受ける際にはしっかりとドクターによるカウンセリングを受け、納得ができる気持ちになってから踏み切ることが大切です。

時間を掛けても治るのか分からない自力での矯正をするのか、それとも確実に効果がある美容手術を選ぶのか、自身にとってどちらが良いのかよく考えてみると良いでしょう。

###

顎がしゃくれているせいで、子供の頃から人前で話すのが苦手だったり、変なあだ名で呼ばれたりしたのが嫌だったという思い出を持つ人は少なくありません。

顎がしゃくれて見えるのは多くの場合前歯の噛み合わせが上下で逆になっている反対咬合による受け口が原因です。

受け口は本来なら上の前歯のほうが前に出て下の前歯に少しかぶるようになっているはずの噛み合わせが、上の前歯のほうが後退していて、その分下顎が前に突出していて前歯の噛みあわせ異常を起こしている状態です。

フェイスラインのバランスが崩れていることで見た目にコンプレックスを感じるだけではなく、その程度によっては話すときにサ行やタ行などの発音が上手くできなかったり、噛みあわせが良くないことで物を噛みきる能力が劣っていたりする悩みを抱えている人が多いのが特徴です。

こんな風に顎の形や歯の噛みあわせなどに異常を起こすのは、生まれたときからの骨格の遺伝による原因だと考えてしまいがちですが、遺伝的な要素以外にも顎が成長する時期に本人の癖によって骨格にゆがみが生じたりすることが原因のケースもあります。

下顎の方が前に出ていたり下顎の方がバランスから見て大きすぎたりするフェイスラインは残念ながら歯列矯正の治療だけでは完全に改善することはできません。

歯列矯正は歯の噛みあわせや歯並びの乱れを改善するために行われる治療法で、長い時間をかけてゆっくりと歯を正しい位置へと動かすことで、歯並びや噛みあわせなどを改善するという治療法です。

最低でも2年ほど治療期間と高額の治療費用がかかり、本人にも何かと負担の大きな方法ですが、美容手術による方法ならば顎の形や大きさの改善なども可能です。

一般的に行われる美容手術の方法は下顎の歯の一部を抜歯してスペースを作り、その分下顎の骨を切除して下顎を後退させるというものです。

美容手術なら一度の手術で外見的なフェイスラインの悩みはある程度解消することができます

△上記文章はユーザーの投稿です