しゃくれを改善してバランスよく

顎がしゃくれているせいで、子供の頃から人前で話すのが苦手だったり、変なあだ名で呼ばれたりしたのが嫌だったという思い出を持つ人は少なくありません。

顎がしゃくれて見えるのは多くの場合前歯の噛み合わせが上下で逆になっている反対咬合による受け口が原因です。

受け口は本来なら上の前歯のほうが前に出て下の前歯に少しかぶるようになっているはずの噛み合わせが、上の前歯のほうが後退していて、その分下顎が前に突出していて前歯の噛みあわせ異常を起こしている状態です。

フェイスラインのバランスが崩れていることで見た目にコンプレックスを感じるだけではなく、その程度によっては話すときにサ行やタ行などの発音が上手くできなかったり、噛みあわせが良くないことで物を噛みきる能力が劣っていたりする悩みを抱えている人が多いのが特徴です。

こんな風に顎の形や歯の噛みあわせなどに異常を起こすのは、生まれたときからの骨格の遺伝による原因だと考えてしまいがちですが、遺伝的な要素以外にも顎が成長する時期に本人の癖によって骨格にゆがみが生じたりすることが原因のケースもあります。

下顎の方が前に出ていたり下顎の方がバランスから見て大きすぎたりするフェイスラインは残念ながら歯列矯正の治療だけでは完全に改善することはできません。

歯列矯正は歯の噛みあわせや歯並びの乱れを改善するために行われる治療法で、長い時間をかけてゆっくりと歯を正しい位置へと動かすことで、歯並びや噛みあわせなどを改善するという治療法です。

最低でも2年ほど治療期間と高額の治療費用がかかり、本人にも何かと負担の大きな方法ですが、美容手術による方法ならば顎の形や大きさの改善なども可能です。

一般的に行われる美容手術の方法は下顎の歯の一部を抜歯してスペースを作り、その分下顎の骨を切除して下顎を後退させるというものです。

美容手術なら一度の手術で外見的なフェイスラインの悩みはある程度解消することができます。

△上記文章はユーザーの投稿です