受け口を最短で治す方法

受け口は顎変形症(がくへんけいしょう)のうちの下額前突症(かがくぜんとつしょう)という病気です。

原因としては、遺伝による場合や歯が生え始める時に上下の歯の噛み合わせが反対になるような場合、鼻呼吸が苦しくて口呼吸になったため習慣的に下顎が前に出るような状況が続いた場合に発症します。

治療には力や継続的な矯正を行う外科的なものと非外科的なものと両方あります。

仕事などの関連から最短での治療を望む場合には、外科的な手段の方を選ぶ必要があります。

入院の期間は手術日を含め一週間が最短事例です。

特に痛みなどはないため美容手術的な要素が多いと思われますが、噛み合わせが悪いことで様々な疾患につながる恐れがあるのでしっかりと治しておいた方がいいと思われます。

矯正治療ですが、「自立支援医療機関」や「顎口腔機能診断施設」の指定を受けている医療機関で治療を実施する施設によっては診療報酬の算定として適用できる症例です。

手術は骨を削ることになるため全身麻酔によって行われます。

口の中から機材を入れて行うため、顔の表面には特に傷がつくようなことはないので安心です。

下側の顎を矯正して上顎よりも後ろにするためには、骨を縦に削って切断して長さを調整します
その後、顎の位置を調整してワイヤーやプレートでしっかりと固定します。

固定に使った器具はそのまま留置して約6ヶ月もすれば抜去できます。

手術後しばらくは顎が動かないため、流動食になります。

だいたい3ヶ月後に骨に定着がするため普通の生活に戻ります。

また、術後筋肉が固まってだんだんと顎が硬くなって動かなくなるので可動域を広げるマッサージが必要です。

このような外科的処置は非外科的処置と比べて即効性があること、治療効果が恒久的であることが挙げられます。

非外科的な処置では荷重による方法なため、力を緩めると元に戻ろうとする状態になり一時的な矯正になる恐れがあるため、実施しているとこが多くありません。

△上記文章はユーザーの投稿です