受け口の治療期間はどれくらいか

受け口で歯の噛みあわせが悪いと、顎がしゃくれたような特徴のあるフェイスラインになります。

そして、そのことで若い頃には友達からいやなあだ名で呼ばれたりしてよい思い出がないという人は少なくありません。

受け口というのは前歯の噛みあわせが通常とは上下が逆になって反対咬合になっている状態の事を指します。

正常な歯の噛みあわせでは上あごの前歯は下顎の前歯よりも少し前に出ており、噛んだときに上の前歯が下の前歯の上にかぶるような形で噛みあわせが成り立っています。

このような状態になることで前歯は物をうまく噛みきる機能を発揮できます。

ところが受け口の人はこの噛みあわせが逆になっていて下の前歯や顎のほうが前に出てしまっているため、噛んだときに前歯の噛みあわせが上下逆になってしまうというものです。

重度の受け口の人の場合、物がうまく噛み切れなかったり、前歯が上手くかみ合わないことでしゃべるときに発音の一部が上手くできなかったりする弊害が出てきます。

受け口になってしまう原因としては、生まれ持った遺伝的な骨格上の問題と思われることが多いのですが、本来ならば鼻を通して呼吸するものを、普段から口呼吸する習慣がついている場合も、受け口の原因になるといわれています。

受け口によって外見的にも悩みを抱えている人は多く、外見以外にも生活に支障をきたすような不具合が出てくる可能性もあるため、通常は歯列矯正などの治療によって噛みあわせを改善する方法がとられます。

歯列矯正では長い時間かけて歯を正しい位置へと動かすことで噛みあわせの異常を治してゆきます。

小学校の高学年から中学生くらいの年代ではじめることが多く、2年以上の長い治療期間と高額の治療費が必要です。

ただし、歯列矯正の治療だけでは歯の噛みあわせや歯並びを整える効果はあっても、顎の大きさや顎の形などを修正することは困難です。

顎の形に関しては美容手術のほうが治療期間もかからず、細かな形の修正などにも対応できます。

△上記文章はユーザーの投稿です