顎施術の問題点’

セットバック法とは顎の骨を削ることによって受け口や歯の突出、歯並びや顔の大きさや形の悩みを解決する美容手術の一つです。

外科矯正は最低でも三日から十日ほどの入院を要すのに対し日帰りで施術でき、また、外科矯正での悩みどころである施術痕もセットバック法では残りません。痛みもほぼ皆無です。

顎や口周りの問題を改善する治療法ではありますが施術前に歯や顎を含む顔全体を入念にチェックし専門医がヒアリングを行った上で行いますし、骨を削った後は入念な微調整も行います。ですので、治療の効果は顎や口許だけでなく顔全体に及びます。

治療後は顔全体のラインが綺麗になりますし、噛み合わせといった健康に影響を及ぼす問題も改善されます。

外科矯正が抜歯をしたり顎の骨の根元を切ったりして歯列や顎自体を動かす問題点へのピンポイント的なアプローチであるなら、セットバック法は問題点を含む顔全体へのアプローチと言えます。ですから、総合的に問題点を含め治療できるという点でとても優れています。

ですが、まったくリスクがないわけではありません。

セットバック法のリスクとして必ず覚えておいていただきたいのは、施術前に歯茎に疾患があった場合は施術後にゆがみが生じるというものです。

ですが、心配はありません。

歯茎に痛みがあった場合は確かに施術後に影響が出るというリスクがあります。

しかし、そもそも施術前に専門医がヒアリングと入念な診察を行うのです。

歯茎に問題があり施術後に影響が出ることが考えられる場合は専門医がその旨を指摘した上で適切な治療方法も指導します。

ですから歯茎に問題を抱えたまま施術することはまずありません。

きちんと歯茎の問題を解決した上で施術に移ります。

セットバック法は顎と口の問題を主として解決し、総合的に顔全体のバランスを整える方法です。

施術前の検診の結果如何では口の中のケアも行いますので、口腔内の健康にも役立つと言えます。

歯茎の痛みが施術後に影響を及ぼすことは確かにリスクではありますが、結果的に改善を確認してから施術をすることを考えると危険やデメリットはないと言えるでしょう。

###

セットバック法とは美容手術の一手法で、顎の骨を削り口や顎ならびに顔の問題を解決する方法です。

口の問題とは歯並びや噛み合わせで、顎の問題とは受け口などです。顔の問題とは大きさやラインの歪みなどで、セットバック法はこれらを総合的に解決するために非常に優れた手法なのです。

セットバック法ではまずカウンセリングを行い、その後に顎の骨を削ることで顎や口の問題を総合的に解決します。

その際に微調整を行いますので顔のラインの矯正や顔の大きさ、曲がりの矯正も可能です。また、顔全体を見て矯正をかけていきますので外科的な矯正よりも全体の問題点を解決することに優れています。

外科的な手術矯正が問題部分そのものの治療に優れるものならばセットバック法での施術は問題点を含めて顔全体を矯正することに優れていると言えるでしょう。

また、外科的な手法はメスで切った痕が残る可能性があることと入院日数が多いことを考えれば、美容手術であるセットバック法の施術は日帰りが可能で傷も残らないことから安心で手軽に受けられるとも言えるでしょう。

しかし、そんなセットバック法にも問題点はあります。

セットバック法は施術前に歯茎に痛みがあった場合は施術後に歪みが出てしまいます。

ですので、施術前に入念に骨や顔、歯並びをチェックすることも行われますが、同時に歯茎のチェックも厳重に行われます。

その上で歯茎に疾患や痛みが見つかれば専門医による指摘とチェック、カウンセリングが行われることになります。

目的は顎の骨を削ることによる顔全般の矯正ではありますが結果的に歯並びや噛み合わせの改善も目的としているため歪みが出ないようにまずは歯茎の治療から行われることになります。

その際に施術を急ぐからといって説明や治療をおざなりにすることは決してありませんので安心してください。

歯茎の状態が健康であることも含め最終的なセットバック法の結果に直結するのですから。

このように問題点はありますが施術前に十分対応可能ですので安心です。

###

下顎が前に突き出ていることを一般に「しゃくれ」と呼びます。

これは何らかの原因により、あごの関節部分が前に突き出た形で固定されてしまっている状態です。

しゃくれの原因には生まれつきの特徴や遺伝による可能性も挙げられる中、新生児や乳児の頃から顎が突き出ていることはほとんど見られないために、生活習慣の積み重ねにより癖づいてしまったものという考え方も強く広まっています。

しゃくれであることの基準はオトガイ部の突出度合や長さなどを参考にすることが多いですく、下唇最下端からオトガイまでの長さは男性で38mm、女性で35mmという平均値があります。

またE-ラインをもとに判断することもあり、鼻先端とオトガイの最突出点を結ぶE-ラインと呼ばれるラインの内側か接点上に唇が収まっているかどうかということを判断基準にする方法です。

しゃくれが及ぼすものとしては、かみ合わせや発音において悪い影響を及ぼし健康状態に関わってしまう、見た目の問題を気にするあまりストレスやコンプレックスを増やすなど身体的にも精神的にもデメリットが多く、当人にとっては切実な問題になっていることも少なくありません。

しゃくれを改善する治療には美容手術が有効とされており、よく行われるものには口の中から切開を行い顎の骨を露出させオトガイを削ることで理想の形に形成していく方法。

そして下顎骨分節骨切りという歯の調節を行い顎の付け根部分の骨を切除し下の前歯を後退させていく方法があります。

下顎骨分節骨切は抜歯なども行う必要があることから、歯科治療と並行して行います。

どちらの美容手術も切開をするため、術後に腫れが生じる期間があるなど、ある程度のダウンタイムは要しますが、切開の傷跡がほとんど残らないことや、フェイスラインを理想の形に近づけられる可能性はとても高く、しっかり実感するくらいの変化が比較的短期間で得られることが最大のメリットとなっています。

###

受け口は、一般的に考えられている以上に様々な症状を引き起こします。

女性の場合、少し受け口くらいのほうが可愛い、などと言われることもありますが、所詮他人だから言えることであり、非常に無責任な発言です。

一般的に知られているのは、咀嚼障害です。

下顎が突き出していますので食べ物の咀嚼が上手にできません。

ものを噛むのは奥歯だと思っている人も多いかもしれませんが、前歯も咀嚼に重要な役割を果たしています。

受け口の人は、前歯でうまく噛むことができませんので、自ずと奥歯でばかり噛むことになります。

これが顎に負担をかける結果となり、顎関節症などの症状を引き起こす原因となります。

顎関節症は、重症になると手術が必要な病気です。

前歯で噛めず、奥歯にも負担がかかるため、早く飲み込むようになってしまいます。

よく噛まずに飲み込みますので食べすぎ、肥満の原因にもなり、胃腸にも負担をかけることになります。

そしてこれはあまり知られていませんが、咀嚼障害によって顎に負担をかける状態が続くと、肩こり、首こり、腰痛などを引き起こすことがあります。

これらはすべて骨格の歪みからくるものであり、噛み合わせの悪さと密接に関わりがあります。

歯列矯正や美容手術によって受け口を治したところ、長年患っていた首こりや腰痛が治った、という人も数多くいます。

人間の頭は思っている以上に重いため、首や顎の骨でしっかりと支えなければなりません。

骨格の歪みにより支えきれないと、首や肩に負担がかかり、凝りにつながるというわけです。

首こりや肩こりはストレスにもなり、常にイライラした状態になります。

精神的に不健康になるだけでなく、人間関係にも悪影響となるでしょう。

もう1つ、忘れてはならないのが発音障害です。

ハキハキとした喋り方ができず、周囲の人には聞き取りにくい発音になることが多いです。

人と話す仕事に影響するだけでなく、プレゼンテーションなど、重要な発表をするにも不利となるでしょう。

このように悪影響の多い受け口は、美容手術によって治すことができます

△上記文章はユーザーの投稿です