上顎短縮 韓国でやるリスク

質問:
上顎短縮整形を韓国でやってしまった妹についてです。私は二人姉妹なのですが、二人とも顔が大きくていつもいやな思いをしてきました。
どれだけ整形したところでモデルさんみたいな小顔になれないのは分かっているのですが、とにか少しでも顔を小さくしたくて輪郭整形について最近ずっと情報収集してきました。
私も妹も韓国のアイドルやドラマが大好きで、韓国にそれとなく憧れを抱いていたのですが、妹が、去年の10月に韓国で上顎短縮の手術を受けてきてしまったんです。
私は妹が私のように整形を考えていたことも、韓国で上顎短縮していたこともなのもしらなかったので、妹から泣きながら電話をもらったときはまったく寝耳に水で驚いて頭の中が真っ白になってしまいました。

妹が受けた手術は上顎短縮の他にVライン整形といって、エラ、顎、頬骨を切って全体的に小顔を目指すというものですが、妹は勧められるままにこれらの手術をうけ、(しかもカウンセリングした次の日に…!!)術後6日で日本に帰国したらしいのですが、神経すれすれまで削ったためか、術後2ヶ月たっても顎や頬に感覚がなく、よだれがたらたらと顎をながれていても気付かない状態で、さらにものを上手く咀嚼することができず、流動食のようなものしか口にできていないということでした。
さらに異常なほど顎がとがって文字通りVラインになってしまって恥ずかしくて外にもでられす、大学にもこの2ヶ月通っていないというのです。
そんな恐ろしいリスクのある手術を簡単にうけてしまった妹もおろかですが、こんな若い子にろくにリスクの説明もせずに、来たその日に手術を決めさせてしまうなんて、汚いやり方の韓国のクリニックに猛烈に腹が立ちました。

妹は結局、外に出られなくなり大学は休学、親にも事情を説明して実家に帰りました。
妹の人生をめちゃくちゃにした韓国の美容整形外科、医師を私は絶対に許しません。
自分が小顔整形を考えていましたが、今はそれより妹の顔を元にとどしてあげたいです。
そののちに知ったことですが、私たち姉妹が憧れていた韓国のアイドルも女優も、整形したのは日本のクリニックでした。
いかに韓国美容外科がいいかげんかということを身をもって思い知った結果に終わってしまいました。

日本の美容外科で輪郭の修正の名医をご存じでしたら、ぜひ教えてください、
妹の顔をなんとか治してあげたいです。

△上記文章はユーザーの投稿です