顎削り オトガイ 水平骨切り 中抜き メリット デメリット

顎削りとは、顎の骨(オトガイ)を削ったり、切ったりすることによって、スッキリ・シャープな顔の輪郭に整える整形手術をいいます。

長く突き出した顎、割れている顎、左右非対称な顎、等の状態を解消するために行います。

■顎削りの手術方法

顎削りをする際は、外からは見えない口の内側から切開することで、傷跡を外の目立つ部分に残さないのが特徴です。

顎骨の切除方法には以下の種類があり、顎の状態や実現させたい形状に合わせ、使い分けられます。

1.顎先端(両側)削り

前面に突き出している顎先や、下方向に顔が長く伸びている状態に対し、顎先端を削ったり、切ったりする方法を適用させます。

2.水平骨切り

後方に向いている顎先に対し、顎骨を水平に切り、切断した先端部分の顎骨を前面に移動させ、固定することで、顎先の方向を調整します。

3.オトガイ中抜き

顎骨(オトガイ)の中間部分を切り取って、ダルマ落としの要領で先端部分の顎骨を詰めて、固定することにより、顎の長さと、顎先の方向を変えることができます。

水平に切る方式と、V字型に切る方式があります。

どちらの方式でも、約2~3時間の手術時間になります。

顎削りは、全身麻酔をしてから行われ、意識のない状態なので、痛みを感じることはありません。

■顎削りのメリット

  • 顎骨の形から変えるので、当然ながらフェイスラインも変わり、劇的に顔の印象を変えられます
  • 半永久的な効果なので、ヒアルロン酸やボトックス注射のような一定期間で元に戻る心配がありません
  • 口の内側からの切開アプローチなので、外側に傷跡が目立つことがありません

■顎削りのデメリット

  • 顎骨を削ったり、切ったりするので、顎骨の耐久性が弱体化するリスクがあります
  • 顔面神経を損傷させてしまった場合は、麻痺等の後遺症が残るリスクがあります
  • 顎削りの操作で、顎骨から筋肉等の組織を剥離するため、皮膚の弛みが起こるリスクがあります
  • 顎削りに失敗してしまった場合、修正手術をすることができません

△上記文章はユーザー個々の投稿です