エラ削りの仕組みについて

エラが張っていると、頑固で気が強いイメージを持たれがちで、顔も大きい印象を与えてしまいがちです。そんな悩みとなってしまうエラをスッキリとさせる方法のひとつがエラ削りになります。
エラ削りは文字通り、エラの骨を削る美容整形手術になります。物理的にエラを削ることによってフェイスラインはスッキリとして、優しい顔立ちへと変化させることができます。

このエラ削りの一般的な仕組みとしては、奥歯の歯茎の下を切開し、出っ張ったエラの骨と余計な筋肉を削っていくことで輪郭を整えていきます。このような仕組みの手術は口の中から切開するため傷跡が目立たず、一度手術を行えば効果が半永久的に持続するというメリットがあります。
このような仕組みの美容整形手術は、エラが張っている原因として考えられる下顎角や咬筋、バッカルファットなどの中で下顎角が原因でエラが張っている時のみに適応される手術になります。状態によっては、ほかの部分を手術した方が適していたり、組み合わせて治療を行うことが必要です。

エラ削りを行う場合には、メリットだけではなくデメリットやリスクもあります。骨を削るという体に負担がかかる手術のため、腫れが酷くダウンタイムが長くかかります。通常は2週間〜1ヶ月程度の腫れが続き、この間は辛い物や厚い物などの刺激物や固いものを控える必要があります。また、リスクもあり、削り過ぎてしまえばかえって顔が大き見えてしまう、不自然になってしまうなども上げられます。

エラ削りなどの手術を行う場合には、メリットだけではなくデメリットやリスクなどを知ってから行うことが大切です。輪郭整形を考える上で一番大切なのは顔のトータルバランスを考えることになります。そのことを考え、しっかり適切な副作用やリスクを説明し、術後のイメージなどをしっかり話し合える確かな医師を選ぶことが重要となります。そのため技術の高い学会研究を行っている医師を選ぶことをおすすめします。

△上記文章はユーザーの投稿です