エラ削り 不自然な段差 失敗

「医者からしたら成功、患者からしたら失敗」
エラ削りの失敗で一番多いケースがこれです。

例を挙げるなら、

「エラを削っんだけど削りすぎたのか顔と首の境目がなくなっちゃってのっぺりとして気持ち悪い。特に横顔のラインが最悪。あきらかに手術前と比べてブサイクになった。正面から見た輪郭は全然変わっていないのに、なんで横顔だけおかしくなるんだよ。せっかくエラを削ったのにこれじゃ横顔見せれないよ。高い金払って何やってんだろ」

「エラ削りをやる前は全然気にならなかったのに、今頬骨やアゴが気になっています。エラ削りと一緒に頬骨削りかアゴ形成を受けた方が良かったかもと後悔してます。エラをなくすことばかり考えてきて、エラさえなくなれば小顔になれると夢見てただけにショックですね・・・」

・・・こういったケースです。

輪郭に左右差が生じてしまったとか不自然な段差があるわけでもなく、マヒやしびれなどの後遺症にも悩まされていません。客観的には一見成功したかに見えます。にもかかわらず患者本人は仕上がった輪郭に強い不満を持っているのです。

実際エラを削る手術において、誰の目から見てもわかる失敗というのはあまりないんです。
形成手術全体で見ればエラ削りはむしろ簡単な部類に入ります。その程度の技術すら持たない美容整形外科医がごまんといるのが美容整形業界の実態ではありますが。

どうしてこういった形での失敗が頻発するのでしょうか・・・。

最大の原因はカウンセリングを怠ったこと、これにつきると思われます。
カウンセリングというのはドクター選びの場であると同時に、自分の希望する輪郭をドクターにわかってもらい、術後の輪郭のイメージを共有する重要で貴重な機会なんです。
まずエラ削りを任せる医師を選ぶところから失敗していては話になりません。こちらの話をじっくりと聞いてくれる、手術方法や手術料金について丁寧に説明してくれる、こんな当たり前のことすらできない医師も存在するんです。なかにはカウンセリングを行った医師と執刀する医師が異なるなんて信じられない事態になることだってあります。

ただエラを削るだけでいいというわけではありません。カウンセリングに訪れる患者は1人1人思い描いている理想の輪郭があり、エラを削るのはその輪郭になるためのただの方法の一つに過ぎないのです。

患者の希望通りの輪郭にするのがドクターの仕事です。本当に患者のことを考えているなら、どこまでエラを削れるのか、できないことはできないとはっきり言い、メリットばかりではなくデメリットも隠さず伝え、いい加減なことや適当なことは言いません。デメリットやリスクをほとんど話さないで患者をその気にさせて手術したところで、希望していた輪郭が得られるわけでもなく、失敗は目に見えているからです。

エラ削りの手術をはじめ美容整形手術というのはきわどいバランスのうえで成り立っている人間の体にメスを入れるわけですから、誰もが理想の結果になる保証はありません。だからこそカウンセリングで徹底的に意思疎通がなされなければならないのです。かりにエラを削ってもあなたの理想とする輪郭になりませんといわれても、失敗を未然に防げたという意味で前向きにとらえましょう。強引にエラ削りをやって失敗するよりはるかにマシです。

失敗したくなければカウンセリングは医師選びの場であることを常に頭に置いて臨んで下さい。自分の顔がどうなるか、すべてひとりの医師の手にかかってるわけだから、信頼できる人を選ぶべきです。

△上記文章はユーザーの投稿です