エラ削り ダウンタイム中 歯磨き

エラ削りのデメリットとしてはやはりダウンタイムの長さが真っ先に思い浮かびます。エラ削りのダウンタイムはおおざっぱにいってだいたい2週間前後がひとつの目安です。
手術直後は腫れはそれほどでもなく、ピークは3日後くらいにやってきます。
1週間で大きな腫れは落ち着きますが、明らかに腫れた状態と一目でわかります。腫れがかなり落ちついた状態であれば外出も可能でしょう。
人前にでれるようになるのが2週間後くらいになります。できることならマスクを着用したいところです。顔の大きさがエラ削り前とあまり変わらなくなるのもちょうどこの頃です。
ここからは腫れが引いていくだけなので、1ヶ月程で自然な状態に戻ります。むくみ程度の軽い腫れは3カ月くらい続きますが、半年もすれば輪郭はほぼ完成に至ります。

このようにダウンタイムの期間を左右する最も大きな要素は術後の腫れとその引き具合です。
エラ骨を削ることで骨髄がむき出しになり、骨髄性の出血が最短でも翌日の夜くらいまで続きます。つまり口腔内の切開口は縫合され止血されていても、削ったエラからの出血はまだ依然として続いている状態なのです。その出血をできる限り押さえるためにフェイスバンドや包帯をがっちり巻いて固定圧迫しておきます。血が溜まらないようにドレーンを挿入し外へ排出し、血腫ができるのを防止します。
このように手術直後のケアを丁寧に行うことで自宅へ帰ったときの腫れが最小限にとどめられ、結果的にダウンタイムを長引かせずにすむのです。その意味で日帰り入院ではなくせめて一泊して安静に努めたいものです。

できることならダウンタイムは2週間前後は見積もっておきたいところです。そのためにはスケジュールの管理を徹底しなければなりません。ダウンタイム中の食事はゼリーやヨーグルト、プリン、スープやお粥といった咀嚼しなくてもすむものがメインになります。固形物が食べられるようになるのは3,4日後からです。この辺は各人の口の開き具合にもよりますが、外食などができるのはまだまだ先の話です。

ダウンタイム中の食事に関連して忘れがちなのが歯磨きの問題です。エラ削り後1週間は歯磨き禁止を指示され、その間はクリニックから支給された洗浄液やイソジンでのうがいがメインになります。ただ口の中は洗浄できても歯の表面や歯の間に付着した汚れまでは落とせませんから、次第に口の中が不快に感じてくると思います。
そして食べかすを完全に除去できないことで虫歯になる危険性が高いです。歯磨きが解禁されても口がまともに開きませんから奥歯はほとんど磨くことができないでしょう。ですからダウンタイム中はたとえ痛くてもがんばって開口訓練して下さい。できるだけはやく食事と歯磨きを元通りにすることが大事です。

ダウンタイムの長さを嫌ってエラボトックスでごまかす人もいますが、そもそもエラボトックスは咬筋が原因のエラの解消法であり、骨格が原因のエラ張りの解消法であるエラ削りの代わりにはなりません。ダウンタイムの長さというデメリットばかりを強調しエラボトックスを執拗に勧めてくる医師もいるので注意しましょう。

△上記文章はユーザーの投稿です