Vライン形成 デメリット 失敗

Vライン形成は、シャープな輪郭、かつ小顔になりたい方に効果を発揮する整形手術です。

顎の先端(オトガイ)からエラまでのラインを「V」字に調整することで、顎先とエラの突き出しを抑えると同時に、小顔を実現できます。

顎骨を削ってVラインを形成する方法と、骨切りをし、間を抜き、骨同士を固定し、幅を狭める方法の2通りがあります。

Vライン形成は、耳横や口腔からの切開をして、下顎角を斜めに切り出すというフローになります。

骨同士の固定が必要になる場合は、チタン製プレートや、ワイヤーを使います。

Vライン形成をする際に、平行して顎削りや、エラ削りをする場合もあって、顎の状態や医師の技量により、施術内容が変わることもあります。

Vライン形成のデメリットは、高難度の整形手術のため、この手術ができる医師が少なく、失敗や後遺症のリスクがあることや、顎骨を削るので、どうしても骨の耐久度が脆くなること、長いダウンタイムであること、等が挙げられます。

Vライン形成の失敗については、以下のようなことを予め覚悟しておくことになるかと思われます。

エラ骨や顎骨を削ることで、周辺の皮膚が余ったり、弛んだりするようになります。

その結果、若い人だとその弛みは目立たないかもしれませんが、年配の人だと、弛みが目立ち気味になるので、皮膚の切除が必要になる場合があります。

骨削りの際に、神経を誤って損傷させてしまう可能性がないとは言い切れないので、神経麻痺といった後遺症が残る場合があります。

また、骨削りをした箇所に段差や凹凸が生じてしまう場合もあり、その結果、Vラインの左右非対称が生じてしまう場合があります。

△上記文章はユーザー個々の投稿です