顎削り’

質問:
大塚美容整形外科の無料モニターに興味があります。
大塚のモニター経験したことある人に質問したいです。

私は 顔の脂肪吸引とエラ削り、顎削り、歯並び改善をしたいと思っています。

①本当にすべて無料で出来るのですか?有料の手術などへ勧誘とかされませんか?
②無料モニターをする人は、HPなどへの顔出ししなくてはいけないと思うのですが、手術部位以外はモザイクなどかけてもらえますか?
例えば目を黒いバー(棒)で隠したりだとか。
③手術の腕は上手ですか?アフターケアはしっかりしていますか?

わかる範囲でかまいません。
回答、よろしくお願い致します。

回答:
自分はモニター経験者ではないですが、質問①②③について僕の分かる範囲でお答えしたいと思います。

>質問①について
HPを見た限り、すべて無料でしてもらえるのだと思います。
モニターとして選ばれるかどうかはクリニック側の判断ですので分かりませんが。
しかし、美容整形は医療の分野であって、サービス業ではないので、いくらモニターになってもらえるからといって無料でいくつもの手術を行うというのはどんな質なのかという疑問は残ります。個人的な意見ですが。

>質問②について
顔全部を出さなければいけないクリニックと、手術部位のみで他はモザイクかけてくれるところと両方ありますよね。
大塚美容整形外科がどうかは分かりませんが、もしかしたら、顔全部OKなら無料、一部モザイクなら何割引という感じかもしれません。
直接クリニックに聞いてみてください。

>質問③について
これは、モニター経験者ではないので分からないです。
医師の真の技術力は治療者側(クリニック側)の人間たちにしか分からないでしょう。
ある一人の人が成功したからといって、自分も成功できるかといったらそれはなんとも言えないのが美容整形の分野です。
まあ、そのクリニックで治療を受けた全ての人に意見を聞くことが出来れば、違うと思いますが、そんなことは到底不可能ですからね。

とにかく、こちら側では分からない医師の腕を知ろうとするよりも、カウンセリングでの対応の良さを決め手にするしかないのでは?
人が良いからといって、腕も良いとは限らないかもしれませんが、少なくとも、カウンセリングの内容が悪い医師に腕の良い医師はいないと思うのです。
情報収集はできるだけするにこしたことはないですが、最終的には自分の感覚で判断するのが正解ではないでしょうか?

###

エラ削りは、口の中にある下歯茎の粘膜を切開し、そこから筋肉とエラ骨を剥離して、エラ削りをします。

主に、張っているエラの角を削る下顎角形成と、下顎骨の厚みを減らす外板切除の2段階で、エラ削りをします。

■下顎角形成とは?

下顎角形成とは、下顎骨のうち、下顎角(角の部分)を削り取る操作になります。

削り取るラインを、下顎骨の下縁や後縁と滑らかに繋げるようにするのが、綺麗な仕上がりにするポイントになります。

広範囲下顎角形成という施術法によって、安全な範囲内で最大限の効果が現れるように、エラ削りをしていきます。

■下顎骨外板切除・外板削りとは?

下顎骨外板切除・外板削りとは、外板という下顎骨の壁を削ったり(外板切除)、丁寧に削ったりし(外板削り)、下顎骨の厚みを薄くするための操作で、主に正面から見た時におけるシャープな輪郭を形成するためにします。

切り取る時を切除、削る時を削りと使い分けることもありますが、方法の差だけなので、基本的にはしていることは同じになります。

手術時間の短縮を考慮すると、骨を切除してしまう方が短時間になるのですが、安全や削る量を考慮するので、切除よりも丁寧な削りを優先することになります。

###

質問:
2週間後に顔の骨切りの手術を控えています。
初めての手術なのでとても緊張しています。
上顎分節骨切り術とエラの骨削りを同時に行い、顎の骨を切ったり削ったりする大手術です。
ほんとうに恐くて不安で仕方ありません。
でも大学の入学式には絶対にきれいになっていたいのでチャンスは今しかないんです。
美容整形のダウンタイムってどんなかんじですか?
顔の骨切りの手術なのですが、ダウンタイムは一ヶ月でたりますか?
激しいダウンタイムの痛みや腫れの話を聞いて若干おびえています。
高校の卒業式は術後1週間なので、欠席にすることになると思います。
でも大学に入学式までは術後一ヶ月あるから間に合うと信じたいです・・!
キレイになることにこんなにも固執している私はおかしいでしょうか?

回答:
高校卒業というと18歳ですか?
顔の骨切りには理想的な年齢なんじゃないでしょうか?
骨の成長も止まっているし、いっぱい削っても皮膚がまだ若いからたるみのリスクの心配もない。
大掛かりな手術の前は怖くて仕方ないですよね。
私も先日、韓国で目、鼻、Vライン手術をしました。
まず、整形費用を稼ぐために2年かかりました。
それでも日本国内は高すぎて無理で結局韓国で手術することに。
手術は初めてだし、初の海外だし、しかも1人だし・・。
不安で仕方なかったです。
通訳の方や先生方は優しかったのでほっとしました。
でも、手術後は腫れと内出血で化け物みたいな顔で、ご飯は食べれないし気分は悪いし傷痕は痛むしで散々でした。
でも、綺麗になりたい一心で耐え抜きました。
でも思い描いていたものとは違う仕上がりに、失敗なんじゃないかと泣きたくなるときがあります。
以前よりよくなったといえばよくなったのですが、納得のいく仕上がりではなくて・・。
あなたは固執というより、美意識が非常に高いんじゃないでしょうか?
手術の成功をお祈りいたします。

###

質問:
自分は顔の横幅が狭く、面長で目の位置が高く鼻の下が長い間のびした顔です。
整形で鼻の下と顎を削り、横幅を少しふっくらさせて童顔にしたいです。
向井理さんみたいな輪郭になりたい。
自分みたいな顔をなんとかする方法はありますか。
可能であれば費用も教えて下さい。

回答:
鼻の下を削ると言うのは聞いたことがありませんね。
中顔面骨きり術とかが当てはまるのでしょうか?
鼻の下の幅を狭めるには上唇を分厚くするか鼻先にシリコンを入れ鼻を長くするかになるかと思います。
もしくはガミースマイルの人がやる手術も有効なのではないでしょうか?
顎を削り、頬に関しては脂肪注入かヒアルロン酸を入れて入れ丸く見せることは可能だと思いますよ。
ただ顎も削りすぎるとバランスが悪くなりますので、元の顔の大きさ次第で理想の小ささにはならない可能性がありますよ。
向井理さん、映画の公開初日の舞台挨拶で一度生で見ましたが、超がつく小顔でした。
あなたの顔を知りませんのでどれだけ縦幅を小さく出来るかは医師に相談するしかありませんね。

回答:
顔の横幅を広くしたいんですか?
狭くする手術は知っていますけど、逆に広くするのなんてあるのかな?
頬を広くは無理だと思います。
整形マニアのヴァニラさんはフランス人形になるためにおでこまでも削ってますが今でも小顔とはいえませんよね。
顔の大きさは元の大きさから少しは改善できますが、向井理くらいにとか、モデル並みに小さく変えるのは無理かと思います。

###

「Vライン形成は、神経を損傷してしまう確率が高い手術だから、顔の下半身がかなり大きい人以外は、絶対にすべきではない。さらに、Vライン形成をした直後は、特に何ともなく、良いかもしれないけれども、月日を追うごとに後遺症が出てくる。Vライン形成をしたことで、骨が細く、小さくなり、強度が弱くなったはずだから、術前と同じように顎を動かすと、実はかなりの歪みが顎に生じてくる」
*
「顎骨を切ったり、削ったりすることは、かなりのダメージがある。見た目としては、術後3ヵ月~1年でだいぶ落ち着くけれど、見た目ではわからない、障害や後遺症は必ず残るから。輪郭形成術は、骨のすぐ近くに、重要な神経や太い血管が通っているにもかかわらず、目視せずに手探りでするから、かなりの技量や経験を持った医師でないと務まらない。そんな難しい整形手術のVライン形成は、本当に必要な人のみがすべき」
*
「2年前にVライン形成をしました。毛細血管を傷つけられたせいか、顔の血流が悪くなり、酷いクレーターができてしまうほど、肌が荒れる後遺症が残り、顎の筋肉を動かす度に、いびつな形に凹むようになりました。顎骨を削るのは、やめた方がいいと思います」
*
「Vライン形成は、本来顎を短縮するのが目的の整形手術ではなくて、顎先を尖らせ、華奢にするための整形手術なので、顎の長さを短縮させなくてもできるよ!私は顎先を短縮したけれど、それをすると、深いV字にはできなくなる。なりたい顎の形をよく考えた上で、顎先を短縮するかどうかを決めれば、いいと思う」
*
「意外と知られていませんが、顎を短縮すると、今まであった骨に付着していた顎先の筋肉を折り畳むことになるので、顎先が肉厚になってしまい、Vライン形成をする前よりも、少々しゃくれた顎になります」
*
「私は、Vライン形成をして後悔した人間の1人です。Vライン形成をしてから、約半年経ちますが、いまだに顎の感覚がありません。下の歯と歯茎には、まだかなりの痛みがあって、毎日の食事は、ほぼうどん等です。肝心の輪郭は、何かもったりとした下膨れのようになってしまい、かなりの二重顎になっています。ガリガリの体型なので、顔と身体がとても不釣合いで不自然です。顔全体のバランスも崩れてしまい、現時点ではマスクなしでは生活できません」
*
「Vライン形成という名称は、某美容整形クリニックでの呼び方(?)のようだから、他の美容整形クリニックでは、エラ削り+オトガイ(アゴ)形成術という言い方で医師に伝えれば、よいのでしょうか?」
*
「最近は、Vライン形成自体が流行っているから、Vライン形成と伝えれば、大抵の美容整形クリニックでは通じるかと思いますよ」

△上記文章はユーザー個々の投稿です